水03
車で出かける際、一般道路で行くよりも時間短縮になり便利ですが、運転手全員が様々なことに注意を図りながらルールを守って走行しないと事故の元になります。事故に遭わない、事故を起こさないためにいくつかの注意点があります。まず、はじめに本線に合流する際やパーキングエリアから本線に合流する際には、元から本線を走行している車の邪魔をしてはならないので、加速レーンで十分な加速をしてから本線に入るようにします。高速道路では法律によって駐停車禁止となっています。万が一タイヤのパンクなどの故障によってやむを得ず停車しなければならない時は安全を確認して路側帯に停車しますが、基本的に駐停車してはいけません。故障が起きないようにするためにも乗る前に車の点検をすべきです。すべての車が一般道路よりもスピードを出して走行しているので、車線変更の際には早めに合図を出します。スピードを出している車は急に止まれないので、走行中に急ブレーキをかけることも危険なので注意が必要です。急ブレーキをかけないためにも車間距離を多く取ります。信号もなく、単調な走行になりがちなため、注意力が散漫になったり、眠気に襲われることがあるのでこまめに休憩をすることも必要です。また、高速から降りた際はスピード感覚が錯覚を起こしやすいので一般道路での走行スピードに注意が必要です。