ETCの装着方法について

| 未分類 |

}PgžxQ
首都高でのETC利用率が90%を超えた事からも、普及が進んでいる事が窺えます。
その為か、近頃車のオーナー自身で車載器を装着している車もよく見かけます。
確かに、カードと機器のセットアップ自体は登録が必要になりますが、車載器の取り付け自体は誰でも出来るくらい簡単です。特に車載器とアンテナ一体型のものは説明書通りに配線をつないで、ダッシュボード上に固定するだけなので人気があります。
しかし、車の外から見ても分かるくらい曲がって取り付けられていたりと、雑な例も見受けられます。車載器の取り付けはしっかりと、とよく言われる所以です。
これは、車載器を中古パーツとして売る事や、将来愛車を下取りに出す事を考えているオーナーにありがちなミスで、愛車をなるべく汚さずに使う為に、本来は専用のステーや付属の強力両面テープで固定しなければいけないところを、粘着力の弱いもので代用して後々綺麗にはがせる事が念頭にあるからです。これをやってしまうと、たとえレーン内を時速20km以内で走行していたとしても、データの読み取り許容範囲からずれて読み取り困難になり、作動しないというトラブルになりかねません。
料金所の機器との通信が上手くいかなければ、当然ゲートのバーは上がらず事故につながります。カードの差し忘れなどの操作ミスや、レーンの不正通行といったトラブル事例はよく耳にしますが、車載器の装着ミスについてはあまり聞かれません。
最近では、中古車でも初めから車載器が付いている車も人気があります。
なので、車載器を自分で取り付けるというオーナーさんは、愛車の価値が落ちる事は無いので安心してしっかりと固定してください。