ETCトラブルにありがちなことで、高速道路インターチェンジ前に乗る直前で慌てるのが、専用のカードを忘れてきてしまったり、あるいは別のカードを指していたりしてゲートが開かなったりして後続車が止まらないといけなかったりする場合です。
あるあるとうなずく人でもついうっかりとやってしまうものですが、後続車に追突されたり事故になる危険性があるので、極めて危険です。できれば高速道路への入り口までにいったん停車できる場所で確認をしてから高速道路へと進入するようにした方が無難であると言えます。
また間違えて専用レーンではなく通常のチケットを取る方へと進入してしまって、戻ることもできずにそのまま進入せざるを得ず、何のために専用のカードを作ったのか意味が分からなくなるといった状況もあり得ます。
こうしたついうっかりのケースでは、そのタイミングだけのポイントがたまらないなどのもったいないというだけで済むケースならばともかく、万が一後続車からの追突などの事故につながる可能性もあるだけに、できるだけ早めにそれも一般道路から高速道路へ進入する前に空きスペースなどにいったん停車して、確認をしっかりとしておくことが重要と言えます。