水04
クルマで走行をするときには、交通ルールをしっかりと守った運転マナーが必要になります。単純にスピードを出したりするのがカッコいいクルマの乗り方なのではありません。いかに、安全に快適に乗ることができるかを今からの時代は求められているのです。しかし、いくらルールを守ったところで事故を起こしてしまうことも、起こされてしまう可能性もあります。
そういったときの迅速な対応方法を身に付けておきましょう。特に高速道路を運転するときには、ふとした余所見が思わぬトラブルをひき起こすことがあります。原則としては駐車や停車をしてはいけませんが、故障をしたときは十分に幅のある路肩に車を停車することを許されています。停車をする時には、ハザードランプを点灯させましょう。路肩に駐車をしたら、ガードレールより外側に非難して、停止表示機材をクルマの後方におきます。あとは、緊急の電話ボックスを探してJAFの会社に連絡をいれます。
すみやかにJAFと合流をして、故障を改善してもらうか車を動かしてもらうようにしましょう。こうした緊急時の対応をしっかりと身につけておくと、トラブルがおきたときでも迅速に行動に移すことができます。ある程度シミュレーションをしてみましょう。