ETCのレーンが開かないときの対処法は、全車両20km/hで減速しいて走行しているので、ゲートバーが開かなかった場合はゲートバーに接触しないように停車します。このようなときは安全確保のために、ハザードランプをつけて後続車に知らせます。次に車に乗ったままゲートに設置されているインターホンボタンを押して係員と連絡をとって指示に従います。後退したり車から降りると非常に危険になります。バーが開かない場合は通行券が発行されるので出口料金所で、ETC/一般または一般表示のところを利用して交通券とETCカードを係員に渡します。通行料金を支払う場合にETCのバーが開かなかった場合は、係員が車線に出向って案内してくれます。バイクの場合は周囲の安全を確認しながら開閉バーを避けて脱出して、駐停車が禁止されていない場所へ移動します。出口料金でETC/一般または一般表示のあるところを利用して係員の指示に従うようにします。開閉バーを押しあけてそのまま通過してしまった時は、通行券を発券する料金所の場合は係員にその旨を伝えるようにしてください。通行料金の請求を受ける料金所で、押しあけてしまった場合は、適正料金の支払いがされていないので高速道路会社に申し出てください。