高速道路は通常の国道よりもスピードを出して走ることができるようになっています。
高速道路を走るときはしっかりと制限速度と通行区分について理解しておくことが必要です。
通常高速道路で走る普通乗用車等は、時速100kmまで出して走ることが許されています。
上記以外の自動車であっても時速80kmまで出すことが許されているのです。
また、高速道路では最低速度も設定されています。最低速度は50kmと、これより遅く走ることができないのです。
ただし、これらの速度は高速道路でも特に本線車道で速度制限がされていない区間に限られた話です。
通常自動車用の高速道路にも指定速度の標識が設置されておりそれに従う必要性があります。ですので、高速道路では一応100kmまでスピードを出すのが許されていますが、しっかりと標識に従ってスピードを抑えることも必要となってきます。
高速道路ではたくさんの自動車が猛スピードで走っています。
この様な道路では遅すぎる運転も非常に危険ですし逆に速すぎても大変危険です。
特に高速道路では車間距離を長めにとって運転するようにしましょう。
目安としては時速80kmなら80m、時速100kmなら100mくらいの車間距離が無くてはいけません。